ハワイウェディングブーケ

HAWAII WEDDING BOUQUET
生花・造花・クレイブーケのご紹介ができます。

 ブーケ,結婚式,ハワイウェディング,ドレス,提携,フォーシス,リノハワイ

 
生花でも造花でもクレイブーケでも、ご紹介が可能です。デザインに関しては、インスタグラムからでも、リノハワイの卒花嫁さまのお写真からでもなんでも結構です。あなたをより輝かせるブーケを一緒に決めていきましょうね!

 

生花・造花・クレイブーケどれにしよう…と悩んだら

それぞれの特徴を知っておこう!
ハワイウェディングのウェディングブーケ、生花にしようか、造花にしようか、クレイブーケというのもあるんだ!うーん、と悩む花嫁様も多いです。こちらでは長年のハワイウェディングプランナーとしての視点でそれぞれの特徴やメリット、デメリットをお伝えしたいと思います。読んでいただき、あなたにとってベストな選択をしてくださいね!

 

生花のウェディングブーケ

 

ハワイ婚,生花ブーケ,造花,クレイブーケ,リノハワイ,ハワイウェディング

メリット

  • なんといっても当日限りの贅沢感・美しさ
  • 現地(ハワイ)ならではの花を使用できる
  • お花特有の香りがある
  • フレッシュさ、みずみずしさがある

 

デメリット

  • 日本からの持込が出来ない
  • 生花は日本に持ち帰ることができない
  • お花の傷み・変色・しおれてくるリスクがある
  • 水を含ませているため重い
  • アフターブーケ(押し花)で保管する場合は追加費用が高い
  • 国内でのアフターパーティーで再度購入が必要になる

 

ハワイウェディングの場合、景色とビーチ撮影で、長時間に渡ることが考えられます。ハワイの高温多湿の環境はお花にとって過酷です。生花は、どうしても変色や、しおれてくるリスクがありますので、できるだけ元気な状態を保つため水分を多く含み、生花のブーケは重いものになります。しかし、慣れないウエディングドレスで、ブーケを持ちながらのポーズは、 新婦の負担が大きいかもしれません。

 

造花(アートフラワー)のウェディングブーケ

 

ハワイ婚,生花ブーケ,造花,クレイブーケ,リノハワイ,ハワイウェディング

 

造花(アートフラワー・アーティフィシャルフラワー)

その名の通り、人工的に作られたお花のこと。アーティフィシャルフラワーやアートフラワーと呼ばれることもあります。

最近の造花のクオリティは高く、まるで本物と見間違えるほどのものもあります。

 

質感について:昔の造花といえば「布感」があり、いかにも造花!という感じがしていました。しかし、最近では非常に進化しており、質の高い造花は質感までしっとりとしていて本物そっくり!至近距離でも、生花と造花の区別がつきにくいものもありますよ。

 

メリット

  • 日本から持ち込みができる
  • 多少の衝撃にも耐えられる
  • 1年中好きな花を選べる
  • 枯れない・保存できるため国内のパーティーでも使える
  • 生花よりも軽い
  • アレンジが自由にできる

 

デメリット

  • 生花ならではのみずみずしさや香りはない
  • クオリティの高いものは生花以上の値段になることもある
  • クオリティの低いものを選ぶと造花感は否めない

 

 

クレイブーケ(Clay Art Flower)

 

ハワイ婚,クレイブーケ,リノハワイ,ハワイウェディング

そもそもクレイブーケとは?

クレイとは「粘土」という意味。粘土で作られたウェディングブーケです。リノハワイがご紹介するクレイアートブーケは従来の粘土のゴワっとした硬い出来上がりのイメージではなく、本物以上に本物のような出来上がりに近づける粘土で、すべて手作りで作られます。 ご希望の色、お花、形などオーダーを頂いてからまずパーツになる、花びらの1枚1枚からすべて手作りで作っていきます。その際花びらの本物のようなうすさ、曲がり、しなやかさなどを調整して考慮して作っていきます。お花の匂いがないことが、不思議なくらい本物のような仕上がりの、ブーケやハクレイとなっております。

 

先日もオリジナルカラーでハクレイを作られたお客様のご希望でハクレイのアップの写真を多数カメラマンに撮ってもらいましたが、カメラマンは最後にクレイだと伝えるまで本物のプルメリアのハクレイだと思っていたくらいです。プロカメラマンの目も、本物と信じ込ませられる花たちになっております。

 

メリット

  • トロピカルなハワイスタイルを演出できる
  • 日本へ持ち帰りができる
  • 色・形・サイズなどが自由にデザインできる
  • 生花・造花(アートフラワー)・プリザーブドフラワーと比べるとコスパが良い
  • 枯れない
  • 上手で耐久性があり劣化もほとんどない
  • お手入れ簡単

 

デメリット

  • 生花と比べると人工的な感じがする
  • ホコリがつきやすい(柔らかいブラシでお掃除すればOK)
  • 制作に時間がかかる

 

デザイナーMICHIKOからのメッセージ:

私がお作りしているクレイアートは、やわらか粘土を使った花々のアレンジメントです。 やわらか粘土で作られた花々は、軽くてシルキータッチのしなやかさがあり、従来の粘土とは比べものにならないほど感性豊かな生花のような仕上がりです。